スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ポメラDM20を買った

もう数カ月前になるのですがKINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 プレミアムシルバーを買いましたので使った感想などをまとめたいと思います。

まず、ポメラとはキングジムから発売されている電子メモです。
百聞は一見にしかず。
ポメラ
こんなのです。

ポメラ開いた場合
開くとこんな感じになります。

このポメラの一番の特徴はとにかく起動までが速いということです。

起動プロセスとしては
フタを開ける→キーボードを出す→電源を押す。で完了となります。
イメージとしては電子辞書にキーボードを出すという1工程加わったという感じです。
ただし、キーボードはボタン式でワンタッチで開くことができますが、細いので開ける時は少し慎重にする必要があります。電源は押せば1~2秒ほどですぐに起動します。

ようするにポメラは既存のキーボード搭載機の起動の遅さやバッテリー持ちの長さを克服しようというコンセプトで作られた機器なわけです。
そのため、ケータイの多機能化が進む中、メモに関連する以外の機能は一切ありません^^:
利用用途としては、ビジネスでの会議の時のメモや、アイディアが思いついた時にとっさにメモをする。
といった具合でしょうか。
バッテリーは単4電池式なので急に電池が無くなっても大丈夫です。
私は普段はエネループを使用しています。
電池の持ちは一日中ぶっ通しで使うみたいな使い方をしなければ
気になる人は少ないでしょう。私はメモ程度に使うぐらいなので、
1~3ヶ月に一回充電するぐらいです。

肝心のキーボードの打ち心地は中々良好
800~2000字程度の文字は打つ気になります。
ポメラ手を置いた
手を置くとこんな感じです。(カメラを持ってるので片手のみです。すみません)

最初は小指のA辺りがちょっと打ちにくいなと思ったのですが、しばらく打っていたら慣れました。
大きくすぎず、小さすぎずという絶妙なライン…。この大きさに辿り着くまでには製作者さん達の苦労が伝わってきました^^:
ただ、当たりまえですが人によって手の大きさは異なるので、自分は人より大分手が大きいという人にはちょっとつらいかもしれませんね。ちなみに私(男)は平均かそれよりちょっと小さいぐらいです。

以下、良かった点等
・とっさのメモが取りやすくなった。
・文字だけに集中できる。(パソコンを開くとついついインターネットブラウザを開いてネットサーフィンを始めてしまうので、それを回避し文だけに集中できた)
・起動が速い
・電池式のため出先で電池が万一無くなっても大丈夫
・microSDカード対応のためデータの移動が容易。ただし、ネットワークに接続する機能はないので、自分の書いた記事を直接ブログにあげるといった使い方はできない。
・バックライトが無くモノクロなので暗いところでは使いづらい。
 しかし、逆に目にやさしいので長時間使用しても目が疲れにくく文字は綺麗。
・フォルダの移動等が若干面倒臭い
・持っている人が少ないので少し目立つ
・文字変換にはATOKとMS-IMEがあるが最初のうちはPCと比べて変換の精度が低いので自分で登録したり、慣れさせる必要がある。
・電源を入れた時、最後に終了した直後の画面になるので終了も開始も非常に楽

この商品は人によって神器にもガラクタにもなり得ると思いました。
私の場合は、書きたい事が思いつく→紙に書くのは面倒臭い、かといってPCを起動させるのも面倒臭い→ま、いっか\(^o^)/ っとなるパターンが非常に多かったのでそれを回避できるだけでも買う価値は大いにありました。
なんだかんだでいつのまにか結構メモが溜まってます。父親には「今時ワープロwwww」って馬鹿にされちゃいましたけどね(笑)多機能端末が数多く出まわる中、こういうのもいいんじゃないかなと思いました。




スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/08 10:36
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。