スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

佐渡(1日目)自宅~佐渡まで

<自宅~佐渡汽船>

 佐渡ツーリング1日目は6:00の船に乗るために3:20に起きました。朝起きられるかどうか少し心配でしたが、目覚めもよく体調良好でした!しかし、前日に準備しておいたにも関わらず入念に持ち物チェックをしていたら、思ったより時間がかかってしまい、さらに、佐渡汽船についてからも迷ってしまい、あと5分遅れていたらかなりやばかったです。自宅から佐渡汽船まで約1時間ぐらいで、自転車をかなり飛ばしていったので、券を買うときには、私「さ、さ、さ、さ、さ佐渡までい、いいいいっち一枚下さい!!」っともっっっのすごい噛んでしまいました。正直かなり恥ずかしかったです。しかし、朝4時頃の道路は日中車がわんさか通っているのに比べて、さすがにほとんど通っておらず夜風?もとても心地良かったです。あと、よっぽど必死だったからか、散歩をしていた見知らぬおばちゃんに「頑張れ~」と声をかけられました。まさか、自宅から15分の所で声をかけられるとは思いませんでした。そんなわけで、船につく前にすでにかなり疲れてしまいました…笑
ちなみにこの時はまだ佐渡を二日間で1周する予定でしたが……

<佐渡汽船>
 そんなこんなで船内に無事に乗車できたわけですが、交通のために船に乗るのは記憶に無いぐらい久しいのでものすごくわくわくしました(笑)ちなみに私は3,4歳ぐらいの時に1度結婚式で佐渡に行った事があるらしいのですがあまり覚えていません。その時にベッド付きの部屋に泊まったのだけはなぜか覚えていますが、もちろん今回は一番安い2等です。この時はキャンペーンで自転車の運賃は無料でした。

DSCN0563.jpg
しばしの別れ新潟!

DSCN0565.jpg
朝日が綺麗でした。

DSCN0558.jpg
船の様子

DSCN0568.jpg
甲板の様子。さすがに風が強くて寒い。

 2等の場合は特に席が決まっているわけではなく、雑魚寝部屋のような所を各自自由に陣取る形をとっていました。しかし、私が来た時にはすでにかなりの席が取られていて、特に座っていてもやる事もなかったので船内をぐるぐる見て回ってました。船に乗っている人は観光客、漁業関係者らしき人、スーツ姿の人等様々でした。自転車を島に運んでいくのはこの時は私だけでしたね。また、船内にはレストランやゲームセンターや売店等があったり、椅子が並んでいる場所もあるので、雑魚寝室が嫌な人はこちらにいても良いと思います。ただ椅子の部屋は雑魚寝部屋に比べると少し寒かったかな…。ぐるぐる回ってると、分かる人は分かると思いますが、ドラクエ5の一番最初の船を思い出しました(笑)頭の中ではその時のBGMリフレインです。
 船に乗り遅れそうになって一つだけ良いことがありました。それは朝食です。本当はコンビニのおにぎりで済まそうと思っていたのですが、買う暇がなかったので船内のレストランで牛丼を頂きました。

DSCN0570.jpg
その時の牛丼です。
これから旅が始まるんだというワクワク感と朝の船内のひんやりとした空気も相まって、いつものチェーン店牛丼の数倍美味しく感じました。正直もうこの時点でかなり満足してしまった私がいます(笑)

DSCN0572.jpg
佐渡が見えてくると興奮度が最高潮に。

DSCN0575.jpg
ゆっくり着実に島が近づいてきます。
こんな風に島にどんどん近づいていくという見え方は好きだなと思いました。

DSCN0583.jpg
いよいよ下船です


DSCN0585.jpg
到着

DSCN0587.jpg
いざ出発っ!
しかし、この時の私は気楽なサイクリングを楽しもうという、どこかにわか自転車乗り的楽観的感情しかなく、この先佐渡ツーリングの過酷さを思い知らされるとは思いもよりませんでした……。
スポンサーサイト
自転車 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2012/05/07 11:13
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。